文部科学省GP 課題解決型高度医療人材養成プログラム│群馬一丸で育てる地域完結型看護リーダー文部科学省GP 課題解決型高度医療人材養成プログラム│群馬一丸で育てる地域完結型看護リーダー

  • お問合せ
  • サイトマップ

National University Corporation GUNMA UNIVERSITY

大学院・履修証明

TEAM GUNMA

地域完結型看護リーダー養成コース(大学院コース)

 各自の看護専門領域を探求し、高度な知識と技術を修得するだけでなく、「地域完結型看護リーダー養成コース」の科目を習得することで地域・在宅・病院を切れ目なくケア提供できるためのリーダー能力を養うことができます。時代のニーズに応じて在宅ケアの視点を養い、地域の看護リーダーとして活躍することを目指します。

 講師陣は、平成27年度にスタートした履修証明プログラムと同様に本学教員に加え、協力大学の教員、附属病院の臨床教授・准教授・講師、地域(訪問看護ステーション、行政、介護保健施設、開業医、薬剤師)からのゲスト講師とし、現場の最新の取り組みを学べるなど多彩性を盛り込んでいます。また、在宅ケアの基本的知識、多職種連携の実際、地域の課題解決及び実習指導方法を学ぶ機会があります。学生が仕事と学業を両立しやすいよう、土日集中講義制、e-メール指導などを取り入れています。

 

 

地域完結型看護実践指導者養成プログラム(履修証明プログラム)

このプログラムは、地域完結型医療・ケアの考え方に立脚した看護実践および教育ができ、多職種連携による課題解決能力を有する人材を養成します。基礎編30時間、応用編30時間、実践編60時間の計120時間以上のカリキュラムから構成されていて、2~3年かけて履修します。

 授業は仕事と学業が両立しやすいよう夜間・土日の講義、eメール指導など多彩な教育方法・科目があります。また、各自が学会や研修会に参加した時間を本プログラムの時間数と認めることもできます。

 

※実習は、受講生の状況に合わせて1年目または2年目に実施する

 ➡実際に学んでいる、履修生たちの声はこちらをご覧下さい。

 ➡修了生の「交流会」については、こちらをご覧ください

 

PAGE TOP