文部科学省GP 課題解決型高度医療人材養成プログラム│群馬一丸で育てる地域完結型看護リーダー文部科学省GP 課題解決型高度医療人材養成プログラム│群馬一丸で育てる地域完結型看護リーダー

  • お問合せ
  • サイトマップ

National University Corporation GUNMA UNIVERSITY

人事交流

TEAM GUNMA

 看護学教育において学生の実践能力を向上するには、教育に携わる教員と臨床で実践に携わる看護職がともに臨床能力・教育能力を高め人材育成をしていく必要があります。本事業の目的である在宅ケアマインドを基盤にした学生への教育も教員と臨床で実践に携わる看護職が一丸になり展開することが必須です。本プロジェクトにおいても人事交流は相互理解を深め教育や実践の質を高めるために重要であり、5年間に3組の人事交流が予定されています。本学では人事交流委員会を組織化し、人事交流に関してシステムづくりからはじめ、実施に至っています。

 

人事交流の手順

1年目は本学学長、研究科長および関係各位のご理解のもとシステムを整えることができ、実際に交流を開始したのは2年目の平成27年度からです。(人事交流に関する手順はこちらをご参照ください)

 

人事交流の目的

1.教育と臨床の乖離をなくし、将来の看護基礎教育に生かすことです。教育現場にいる者は実践現場を理解し、実践能力と判断能力等を高めます。また臨床現場にいる者は講義・演習・実習などの教育展開方法を学び、教育能力を高めます。

2.臨床実践現場での現任教育や看護基礎教育において「在宅ケアマインド」を持った人材を育成できる能力を養うことです。

 

 

PAGE TOP