文部科学省GP 課題解決型高度医療人材養成プログラム│群馬一丸で育てる地域完結型看護リーダー文部科学省GP 課題解決型高度医療人材養成プログラム│群馬一丸で育てる地域完結型看護リーダー

  • お問合せ
  • サイトマップ

National University Corporation GUNMA UNIVERSITY

Update

お知らせ一覧

日本医療マネジメント学会第7回群馬県支部学術集会にて研究発表をしました

 平成30年2月4日に桐生市で開催された日本医療マネジメント学会第7回群馬県支部学術集会で、「地域での暮らしを見据えた看護を実践する『在宅ケアマインド』に関する看護学生の意識」について、学部教育改革班を代表して金泉志保美准教授が発表しました。

 学部教育改革開始後、毎年度終了時に全学年の看護学生を対象に、在宅ケアマインドに関する意識調査を行っていますが、本研究は、平成26年度入学生の2年間の調査結果を元に、在宅ケアマインドに関する看護学生の意識とその変化を明らかにしました。地域での暮らしを見据えた看護への理解や実践は、2年次から3年次に向けて上昇がみられ、また、地域での暮らしを見据えた看護への興味・関心や訪問看護師としての就職意欲も向上したことを報告しました。在宅ケアマインドを育てる学部教育改革の効果による影響が考えられるとともに、「地域」「生活」「生活者」を学生が理解し、地域での暮らしを見据えた看護を実践できるような教育の充実に向けて、さらなる検討が必要であるとの課題を示しました。

 参加者からは、患者を「生活者」としてみることは大切なことだ、どのようなきっかけでその理解が高まるのか、などの意見や質問も出され、今後の教育の示唆を得ることができました。

 本学術集会は、「地域医療の絆を紡ぐ~統合への現在・過去・未来~」というテーマであり、病棟での退院支援の取り組みや、在宅医療の活動報告等の演題も多く発表されていました。また、「がんターミナル患者の在宅療養支援」「地域で取り組む小児在宅医療」という、二つの在宅支援にかかわるシンポジウムが開催されました。地域完結型看護の推進に向けて活動されている参加者との交流は、今後の取り組みに向けて有意義なものとなりました。

レポーター:地域看護学 助教 松井理恵

Update

« »

PAGE TOP