文部科学省GP 課題解決型高度医療人材養成プログラム│群馬一丸で育てる地域完結型看護リーダー文部科学省GP 課題解決型高度医療人材養成プログラム│群馬一丸で育てる地域完結型看護リーダー

  • お問合せ
  • サイトマップ

National University Corporation GUNMA UNIVERSITY

News

お知らせ一覧

平成28年度 第1回講演会 「地域包括ケアからケアする社会へ」教員レポート

平成28年9月2日(金)18:00より、本学ミレニアムホールにて【群馬一丸で育てる地域完結型看護リーダー】事業 第1回 講演会を開催し、学内外から多数の方にご参加いただきました。

昨年度同様、七日市病院(県内西毛地区)・内田病院(県内北毛地区)に講演会を中継し、中継先からも多くのご参加をいただきました。

地域包括ケアからケアする社会へ

―幸手モデルからあなたの地域で活かせること―

というテーマで、東埼玉総合病院 在宅医療連携拠点事業推進室「菜のはな」の室長・医師の中野智紀先生と同施設の看護師(コミュニティナース)佐藤尚子先生に約1時間半に渡りご講演いただきました。

中野先生からは幸手市における政策・施設・機能の垣根を越えた取り組みの実際についてご講演いただき、「主人公は住民である」という在宅医療の原点に基づいた住民と専門職が一丸となって支える地域医療システムについてお話をしていただきました。

佐藤先生からはコミュニティナースとしての日々の活動実践をご講演いただき、「看護職として関わる以前に一人の人として住民と関わる」というコミュニティナースの姿勢についてもご示唆いただきました。

最後にはコメンテーターとして群馬県健康福祉部地域包括ケア推進室 保健師 神山智子先生よりコメントをいただきました。少子超高齢社会が加速する日本、そして群馬においてどう取り組んでいくべきかを改めて深く考えるとともに、参加した方たちでは住民の連携システムの仕掛けづくりとしての専門職の役割について熱く語らう光景も見られました。

今回の講演会での学びを活かし、今後とも群馬一丸となって取り組んでいきたいと思います!

         (レポーター:母性看護学・助産学助教 鈴木禎子)

 

P1040716

P1040742

P1040754

P1040771

P1040786

P1040797

News

« »

PAGE TOP