文部科学省GP 課題解決型高度医療人材養成プログラム│群馬一丸で育てる地域完結型看護リーダー文部科学省GP 課題解決型高度医療人材養成プログラム│群馬一丸で育てる地域完結型看護リーダー

  • お問合せ
  • サイトマップ

National University Corporation GUNMA UNIVERSITY

Update

平成29年度 第2回在宅看護・医療推進検討委員会(全体会議)が開催されました。

 平成29年3月1日に、第2回在宅看護・医療推進検討委員会(全体会議)を開催いたしました。本会議では、神田プロジェクトリーダーや各班の班長の先生方より、平成29年度の取り組み状況の報告と平成30年度の計画案の発表が行われました。学外委員の先生からは、平成30年度の計画案についての承認が得られました。

 また、学外委員の先生方より、本事業の取り組みの成果が見えてきていることに対するお褒めの言葉や改善すべき点についてコメントをいただきました。

 今回の全体会議で頂いたコメント等を真摯に受け止め、最終年度に向けさらに本事業が発展していけるように、一丸となって本事業取り組んでいきたいと思います。

リポーター:群馬一丸GP 専任助教 箱崎 友美

Update

地域包括マッチングイベント・PR大会に参加してきました

 厚生労働省老人保健健康増進等事業の地域包括マッチング事業、地域包括ケアシステムの構築に向け、医療・福祉政策の一環として個別ニーズの解決を積み重ね、総合的なまちづくり政策に向けた取り組みです。この事業は、外部の力を求めたい「自治体」と、地域包括ケアに貢献できると考えられる「大学」、「社会福祉法人・医療法人」、「民間企業」などをつなぐことが目的です。 (さらに…)

Update

第7回 看護学教員の交流サロンを開催いたしました。

 平成30年2月19日(月)保健学科新棟2階大学院講義室において第3回群馬一丸GP交流サロンが開催されました。保健学研究科看護学講座教員17名が集い、大山教授からは群馬県内の糖尿病患者会が開催・運営している『榛名湖一周歩こう会』の長年の取り組みと、金泉准教授からは『地域で取り組む小児在宅医療~群馬県小児等在宅医療連携拠点事業~』のテーマでお話を伺いました。その後活発な質疑応答や意見交換が交わされました。 (さらに…)

Update

日本医療マネジメント学会第7回群馬県支部学術集会にて研究発表をしました

 平成30年2月4日に桐生市で開催された日本医療マネジメント学会第7回群馬県支部学術集会で、「地域での暮らしを見据えた看護を実践する『在宅ケアマインド』に関する看護学生の意識」について、学部教育改革班を代表して金泉志保美准教授が発表しました。 (さらに…)

Update

日本看護科学学会の交流集会で附属病院GP関連教育連携班の活動について紹介し意見交換をしてきました

 平成29年12月16日(土)に仙台市で開催された、日本看護科学学会学術集会の交流集会で、附属病院GP関連教育連携班が「群馬一丸で育てる地域完結型看護人材の育成―病院と大学の協働による地域完結型看護人材育成の取り組み―」のテーマで発表し、会場に来てくださった方と活発な意見交換を行いました。本連携班からは総勢12名が参加しました。 (さらに…)

Update

第37回日本看護科学学会において本事業に関わる教育の成果を発表しました

 平成29年12月16日、仙台市で開催された第37回日本看護科学学会において、群馬大学の看護教員を代表して辻村講師が「地域や在宅での暮らしを見据えた教員の意識や教育状況」について発表を行いました。市内は風花が舞う大変寒い一日でしたが、会場内では在宅看護や看護教育に関する研究が多く発表されていました。 (さらに…)

Update

« 前ページへ 次ページへ »

PAGE TOP